年金対策・マル秘?!方法公開!?

マル秘?!年金対策大公開について

家族

本当をいうとこの年金対策を知っている方は、 いないこともありません。
しかし、この方法を知らずにいる方も大勢います。 それによって機会損失をされている方も多くいます。

そんな方法を、「お金を持った方」や「高年収の方」だけではなく、
「普通のサラリーマン」「普通の公務員」に向けて公開するのです。


自分自身で年金対策をたくさんしてきてその方法を一度も公開する事はしてきませんでした。
今回初めて「年金対策」に関しての誰でも楽に出来る方法を今回公開しようと思いました。
 

年金対策はカンタンに出来る

年金対策はカンタンに出来る
「これから30年間、まったく収入が増えなくても、お金を今もって無くても
含み資産が1000万円増えて年金対策出来る!!」と
聞いたらどう思われますか?

 

ここでは今からできる年金対策
方法がこのサイトでは紹介されています。

 

 

「お金を持った方」や「高年収の方」だけを対象とするのではなく、
「普通のサラリーマン」
「公務員」
が対象となったサイトです。

 

このサイトによって得られる方法は、以下のようなものがあります。

 

・マンションを購入して、月々のローンが0万円!!

 

・将来に対しての不安が無くなる。

 

・収入が増えなくても年間60万円以上も貯金したのと同じ資産が築ける

 

 

 

マンション投資は、長い間収益を生むもの?

 

マンション投資は、長期にわたり家賃収入を生みだし続けるので、
その家賃収入を年金を補助するものとして活用する事ができます。
しかも、今は大変、低金利の時代です。
預金だけで将来に備えていてもいずれ、元本を取り崩していかざるを得ません。
マンション投資であれば預金元本には手をつけないので、資産の目減りを避けることが
出来ます。

 

実際問題、公的年金のみの収入で生活って出来るでしょうか?

世帯主60歳以上の無職世帯
年金生活世帯の毎月生活支出は、
30万円弱で年々増加傾向です。(総務省統計局家計調査)
これから先、自己負担の割合の増加し、消費税がアップ、
消費者が物価上昇して、医療費の増加すれば
毎月生活支出はいっそうの厳しくなり、
支出の増加傾向が予想出来ます。

 

皆さんの受け取れる年金には個人差はありますが、
現役で働いていたの頃と違い、ボーナスで月々のマイナス分を補充する事が難しくなります。

 

毎月ぎりぎりな感じの生活ですと、大変に苦しいですし、
ご定年後の夫婦二人のゆとりを求めるのであればやはり、月々38万円以上は用意は必要でしょう。

 

夫婦二人で60歳から平均寿命(男性約81歳、女性88歳)まで生きたと仮定したケースにかかるお金は
1億円以上、必要というデータもあり、
とてもとても公的な年金だけでは生活できる時代ではありません。
老後生活を迎える前からの対策が必要性が出てきています。

 

 

将来、少子高齢化社会が到来すれば、年金財政の破たんの可能性もあります。
これから、一層、公的な年金の受給が困難になっていくことは容易に予想ができます。
公的年金だけでなく、企業年金でさえも、今では企業の経営の環境が厳しくなり、
その結果として、減額されてしまうといった事態を新聞やTVのニュースで目にするようになりました。
そのため、これにかわる何らかの自衛の方法や具体的には、家計にも給与とは別な収入を持つことが
必要な時代になってきました。

 

 

 

 

低金利時代

 

低金利政策の継続

日本は莫大な借金を抱えている状況からさらなる悪化を回避するためには、どうすればいいのでしょう。
低金利政策をうつことで、実質的な貨幣価値を落としていく政策を
取らないと難しいでしょう。
これからは、現金や金融商品などのペーパー資産などは長期でみれば価値が目減りしていくものと考えて
いかなければいけません。
ペーパー資産のポートフォリオの中の比率を下げておく必要があるでしょう。


今の状況を考えるとある程度の一定のラインで、

実物資産への投資による年金対策に取り組んでおく必要があるのです。

 

 

生命保険会社の個人年金と比べて、不動産経営はどのような違いがあるのでしょうか

 

 

生命保険会社の個人年金と不動産経営。カンタンに比較してみましょう。

 

例でいえば、10年保証期間付終身年金の定額型 
(60歳から年間100万円受け取れるタイプの個人年金)
と比較してみますと、
この年金に40歳から加入した場合月々90,000円を20年間払わなければいけません。
総額で考えれば約2000万円の支払いです。
30年間生きていて
支給されれば3000万円ですが、70歳以降に
被保険者本人が死亡すると、その時で年金の支給は終了となります。
ということは残された家族には支給がないということです。

 

マンション経営ですと、家賃から得られる収入で
ローン返済のほとんどを支払っていく事も可能です。
つまり、月々わずかな負担でも、節税をしながら、定年後には
投資用マンションを借金がない形で残すこともできます。
たとえば、万一の事が本人にあっても、
また、元気に長生きしたとしても、
年間100万円程度の物件からの収入を得ることも可能になります。  
保険と年金の効果を期待する方も増えてます

 

個人年金代わりののマンション投資のメリットはどんな感じでしょう。

 

 

メリット1つ目はマンション投資(不動産投資)の場合、
銀行のローンを完全に返済した後は、月々の家賃収入が年金のように
入ってきて安定収入をもたらします。

 

また、物件購入したオーナーが万一の場合でも
資産であるマンションを無借金で家族に残せます。
ですから、遺族の方には遺族年金代わりの月々の家賃収入と資産が残ります。